【経験談】30代~でもスロプロはできるのか?現役が答えます

経験談

スロプロとか一度は憧れたけど若い内しかできないよね~

くりおね君
くりおね君

できない事はないんじゃない?経験談でいいなら教えるよ

今の時代でどうかはわかりませんが、当時はスロット打ちながら生活するという、スロプロに憧れがありましたね。4号機時代は素晴らしかったようです。

結果的に憧れを抱いている人の半数は4号機の全盛期を知っている30代後半~だったりします。

時代は低迷し始めてきたと言われてますが、そんな今からでもスロプロは可能なのか?こんな疑問に答えていきます。この記事でこんなことがわかります

  • スロプロの年齢層
  • 30代からでも可能なのか?
  • 時代の流れから考えるスロットの今後

僕の経験に基づいて書いていきたいと思います。

この記事がいいと思ったらクリックしてね♪

にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村

ではいきます

スロプロに年齢は関係ない

タイトル回収ですが結論としてスロプロに年齢は関係ありません

誰にでもすぐにできます。

いや、そもそも大それたものではないだけです(笑)

僕は地方の稼働ですが30代~40代、50代関係なくおそらくスロプロであろうという人がわんさかいます。基本的には若者が多いですね。と言うか貪欲で上手だなと思うのが若者に多いということです。

単純に若者は元気で活動量が多いですからね(笑)

年齢別の立ち回り

スロプロって思っている以上に過酷なんです(笑)朝早いし夜遅いし、神経使うし、拘束されるし。。。とイメージとは裏腹だったりします。

全台系の6号機なんかの激戦区だと体力と行動量で普通についていけなかったりします(笑)

もちろん年配でもバリバリに参戦している人もいますが、毎日のようにイベントに参加する行為は体力的に30代までな勝手なイメージがありますね。(これは僕主観です)

30~40代になるとまったりジャグラーで収支を狙ったり、パチンコなどを打っているように見受けられます。

今でもスロットで稼げるの?

ネットや掲示板などでは廃業・絶滅なんていわれていますがまだまだいるのが現実です。答えはシンプルで稼げるからです。

稼げると言っても厳密には生き残り合戦に勝ち続けているだけです。基本的にスロットは9割の人が負けると言われていますが、残りの1割に居続けることが出来れば稼げます。

ネットでは事あるごとにスロプロ・専業をバカにされていますが、そんな人ほど勝ち方の仕組みを理解していなく負けている人たちです。ネットで騒いでる人達の大半は負けた腹いせで言うのでしょう。

ビジネスで成功したいなら成功者から話を聞けと言いますが、それと同じです

変な誤報を真に受けるよりかはスロットで勝ってるやつから話を聞いた方がいいです

昔ほど大金を稼げなくなっているようですが個人的にはまだまだやれるのが現状です

それに仮に環境が悪くなろうと勝ち続ける環境を作り上げていくのがプロだったりします

自動車整備士で車故障を治してほしいと言われたのに、できません!!って言ってるようじゃ稼げませんからね(笑)

とは言え、30代からはスロプロきついんじゃない?

仕事でもそうですが、年齢とともに体を使うより、頭を使うようにシフトしていかないと単純に体力的にきつくはなるでしょうね。体力量で若者に普通に負けますからね(笑)

イベント狙いでずっと遠征だったり、同じスタイルで勝ち続けるというのはかなりの体力勝負であり年齢に対しての行動としてはナンセンスではありますよね。

悲報】ワイ、今日も疲れた体を引きずりスロットへ : 鈴木さん速報

生涯現場人として体力仕事をしている人もいますが、それはそれで、その仕事に対して自分が楽しいと思うからできていると思うのですが

スロットは設定掴んだら残りの作業はかなり単調ですので、この作業を閉店まで毎日やるの?と少し先を考えさせられるのは事実です(笑)

これも人それぞれではありますが、僕は設定ツモまでが楽しいだけで、ツモったら打つのはもういいかなとか思ったりします(笑)

僕の経験談

実際、僕は30代で会社を辞めて「え?行先どーすんの?コネもないしスキルも工場特化過ぎるし。。。でも実際工場に生涯勤めたいかと言われると、いや、別に・・・だし

最近フリーランス流行ってるし・・・」

じゃ流行りに対してノリで挑戦しようか的にはじめたが、知識ゼロだと正直クッソ難しくて、得意のパチスロでとりあえず生き延びよう・・・って流れですので

ただ行き場を失った30代ってとこです(笑)

は?マジ? - 2019年08月10日の人物のボケ[74794102] - ボケて(bokete)

逆に言えばそれしか選択肢なくね?!って感じでした(笑)30代でスキルなしの雇用なんて実際ないですから(笑)逆にブラック企業なら何歳からでも入れますので。。。

最近はコロナの関係もあり雇用されたところで不安定です。この記事は30代向けなので閲覧の大半は昭和人でしょう。その思考で言うと、正社員に入っていれば安泰って考えじゃないですか?

仕事として考えるなら

どの仕事でも実務・実績が出てくればいずれは上司になっていく。と言うのが会社の基本的な流れですが、個人で稼ぐ人たちにはもちろんそのような仕組みがありませんので自分で構築するしかありません。

それはスロプロも同じです。

対策しなければ延々とパチ屋に行って生涯レバーオンなのはわかりますよね

悲報】ワイ、今日も疲れた体を引きずりスロットへ : 鈴木さん速報

なので体力的に疲れたくないというのなら、打ち子を雇うか、組織を作り上げるしかないです。スロットのノウハウを売ったりと、最後はスロットを使ってビジネスをするような感覚ですよね。

僕は工場で10年以上やっていたので、後半になれば作業手順書の作成だったり、指示などで自分はなるだけ作業に入らなかったです。イメージはそんな感じですよね。

この思考でいくなら「じゃあ3年ぐらいは現役ピンで積み上げてノウハウを見出そう。それからこのノウハウを伝承していく!もしくは売るぞ!」とかの目標ルートが出来てきます

僕が思う答え

結局のところ、スロプロには将来性がないと言われます。それは事実だと思いますし、職かと言われれば自分でも鼻で笑うし首傾げるところです(笑)

そして僕自身も同じように「スロプロはやめておけ」的なブログを拝見したこともあります

しかし自身のブログ【カコマナ】では一貫して言ってますが、そもそもスロプロ・専業を目指すにあたって、世間体を気にしているならそもそも無理ですし、スロプロと言う選択肢を考えてもいけません

ですが将来性がないというのはどんな分野の仕事でも同じだったりです。最近で言うならハンコ屋です。え??ハンコ無くなるの??となりました。いきなり食い淵が無くなった感じでしょうね。

どんな仕事もいつ食えなくなるかなんか誰にもわかりません

しかし個人で稼ぐ道を選んだ以上、いつどんな時に収入が途絶えるかわからないのが現実です。なので常に流動的に動けるように成長や対応し続ける事がとても重要になります。

それが不安だったりめんどくさい!と思うから毎月、安定的な収入を求めて会社の従業員になるわけです。

個人で動くことでまず考えるのは自分で稼ぎきると思う大きな覚悟が必要だったりします。

兼業と専業の違いも記事にしていますので是非ご覧ください(^^♪

最後に

簡単にまとめると

  • スロプロに年齢は関係ない。誰でもできます
  • 個人で稼ぎきる覚悟が必要
  • 生涯スロプロ志願は生涯労働と同じ
  • スロプロの大半は働きたくない若者か、行き場を失った昭和人のどちらか

生涯スロプロのままでは生涯現場人と同じですからね。時間をお金に換えていることには変わりないので、生涯体力勝負・生涯労働となんら変わらないです

そして、将来性のないと思われるスロプロでしょうがそれは所詮経験したことのない人の意見だったり、本当に真の目標も持たずにその日暮らしし過ぎてしまったスロぷなだけです。

ある程度、先々のルートが構築できれば、かけた時間はムダになりませんし経験を活かせると思いますよ(*’ω’*)

スロプロに限らず経験値を最大限に活かすというのが大事なのでしょうね

以上参考になれば幸いです

この記事がいいと思ったらクリックしてね♪

にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました