【経験談】パチスロを辞められない人へ/我慢しないでOK

ぱちすろ関連

パチスロって楽しいですよね

でも勝てなくてお金はなくなる一方・・・

僕もそうでした。借金とまではいきませんでしたが、お金を借りたり貯金もせず

ホールにつぎ込む典型的なパチ依存症でした

お金は減る一方で、パチスロ辞めたいと思いながらもその誘惑に我慢ができずにまたつぎ込む・・・マジでヤバいと思ってました

今では専業として会社員の給与の2倍は平均的に稼いでいます

辞めたいと思ってましたが結果的に今はホールにリベンジしています(笑)

経験談をもとに解説していきます

負けて当然。まずは勝ち方を知ろう

残念ながら勝てない人は根本的に勝ち方を知りません。

しかし負けてしまう方というのはそういうのを

めんどくさく思ったり、知ろうとせずに勢いでつぎ込んでしまします。

それは100%負けます。断言できます

サッカー好きがサッカーので勝ちたいのに勝つ仕組みを知らないんじゃ・・・

勝てませんよね?

仕組みを知ることで理解を深めましょう

限りなく難しい話を省いて説明した記事を紹介しています。まずは読んでみてください

依存症は我慢なんかできませんし、辞められません

何日行かなかったとか昔やってました。しかし日数は持ちません。その欲望に負けてホールに走ってしまったら反動で有り金をつぎ込んでました。

ムリだと思うんですよね。中毒症状が出てる人に我慢なんて。。。それができたら苦労はしません。

それでいいんです!!

そのかわり!!!負けることが悔しいと心から思うことです

欲望を超えるほどの【負けたくない】を持ちましょう

勝てない人ほど、負けより勝ちにこだわる

ギャンブル関連のすべてに言えることですが

パチスロはいかに勝つかではなく、いかに負けないかです

言い方を変えると、いかに負債を少なくしてチャンスを掴み続けるかです

勝利金は投資金との差額と考えられれば、打ちたい衝動は落ち着くと思います

この思考はパチスロ以外でも使える超重要項目ですので覚えておきましょう

現実を知れば我慢しなくて済むし、無理に行かなくなる

パチンコパチスロは打ち手にはシンプルなように見えますが、実は巧妙に作られています。

ハンドルを捻るだけ!ボタンを押すだけ!でお金が出るかも!?なんてそんな甘い話は基本的にないです(笑)

勝っている人はそう言うでしょう。しかしそれは台のすべての仕組みを知っているからです

  • 依存を促す演出
  • 一般客には気づかない、必ず負ける細かい調整
  • 根付いた依存を利用し釣る

ホールにはパチンコ依存にさせる心理的要素もふんだんに盛り込んであります。

簡単に言うと一度来たカモを誘って依存させるような場所です

ホールは慈善事業ではなく商売

誰かの負けたお金が他のお客の還元になり、それと同時に店の売り上げにもなります。

これをマイナスサムゲームと言います。

僕はホールは商売としてやっているんだと納得したことで僕はどこか萎えました

当たり前やん(笑)と思うかもしれませんが、依存症にはわかりません

客が負けてなんぼの商売なので基本的に勝てない調整になってます。

その中でも常にチャンスはあります。そのピンポイントだけ掴み続けているのが、いわゆる勝っている人たちです

勝ち方の応用編はこちらです

まとめ

勝ち方を知れというのはまず現実を知って

ホール洗脳から溶けろということです

  1. 勝ち方を知る
  2. ホールの現実を知る
  3. いかに負けないかに徹底する
  4. 少しずつ勝てるようになる
  5. 欲望より負けたくないが勝つ
  6. 逆に負ける日には行かなくなる
  7. 負ける日が多いことを知るので行かなくなる

僕、独自のロジックです。

少なくとも僕はこれでホールから逆に回収しています(`・ω・´)

だって負けたくないから!!

パチンコ嫌い!!ムカつく!!!無くなれ!!!とか思うより

「ちょっと行ってくる」

「3万ほど勝ってきた」の方が本当は理想ですよね(笑)もともと好きで始めたんですから

その時の選択肢は

辞めるか

勝ち続けるか

の2択になってしまうんですけどね(`・ω・´)」

以上です

コメント

タイトルとURLをコピーしました