【スロぷ】ピン稼働する最大のメリット/個の期待値を積む

めんたる

3か月ぐらいですかね。下振れが続き、まぁメンタルしんどい時期でした。今までこんなことなかったので普通に落ちました(笑)センスないのかな・・・って

ですがやはり期待値が全て!!!と言えるほどにここ最近は見事に展開を作ってくれています。

期待値は信じましょう

最近になりホール内で話ができる人が増えてきました。情報共有はあまりしませんが聞かれれば全然提供します。僕は完全にピンです

なぜピンにこだわり続けるのかのメリットを伝えていきます。

この記事でこんなことがわかります

  • ピンで挑む最大のメリット(将来性)
  • ピンのデメリット
  • 簡単コミュ力アップ法(ホール内)

同業とつるむのは有利だがその生き方に覚悟がない

スロットと言えど情報は命です。仕事でも仲間を作り、集団でやっているほうが圧倒的に有利です。今ピンにこだわってやっていることは誰がどうも見ても僕が意固地になっているだけです。

しかしながら、仲間に甘え、仲間頼みでこなしているのに自分が成功しているかのような人っていますよね。スロなら余計に見られます。

もしかしたらおこぼれがもらえるかもしれないから周りと仲良くしておこう。こんな思考を持っているやつには正直要注意だと思います。ハッキリ言ってテイカーです。

正直これだと先がない気がします。自分の力で勝ち取れていないので・・・

延々と生涯仲間と手を取り合ってスロットし続けていくのか?相手はそんな気が本当にあるのか?

そうだとしても気が変わらないのか?急激に環境が変化している中、現状維持が本当に続くのか?

例えば、業界衰退でスロットやばい・・・そうなった時に、一人は労働する。一人はブログやる。など必ずしも一緒の道選択するとは思いません。十人十色、考え方は様々ですからね。そこに便乗して、じゃあ俺も・・・なんて、何となくで流される人生とか生きた心地しないですよ

なんなら今までの人生がそうでした。

ある意味今は完全に孤独になりましたが、それが普通になり常に自分で追及し探求し結論・行動に移すようになりました

それこそ真剣に自分の人生に向き合うなら孤独に考え抜くという事がこちらの世界では重要だと見つけました。

なぁなぁになることも怖い

とにかく志の高い仲間ができると心惹かれ自分も一緒にと思うかもしれませんが、スロットの世界でそんな人がいるとは思えません・・・(偏見でスイマセン)

イメージは働きたくないから。。。楽して金が欲しい。。。と言う人が大体なんじゃないですかね?

実際は勝ち続けるとなるとなんとなくでは難しいのですが、軍団とかいきなり解散しそうじゃないですか?誰かに頼るということは誰かといないと駄目ってことで

イコール、自分1人じゃ何もできないんです。

講習で思い出したこと

僕は元・工場勤務をしたので、フォークリフトの資格を持っています。講習中はかなりシビアに細かく指導されました。もちろん事故にもつながることもあるので大事なことだらけでしたが、実際は起こり難い事の方が多く「細かいなぁ」と思いましたが資格取得後に言われたことが

「最初に厳しい環境に置かれていればその意識で入れるから。後は自分で許容範囲を決めていきな」

と言われました。今自分がピンでやる理由でもあります。圧倒的不利な環境で育つと時間はかかってもそのあとが楽なんです。もちろん時と場合ですけど

どんなことでも自分で切り開ける自信を構築していきたいものですよね。

ピンのデメリット

とは言え仲間は大事です。同じような志をもった人と共存していけたらお互い向上できるパワーをもらいます。

それがスロットならもちろんいいですし、共通趣味からまた違う出会いに発展したりと言うこともありますしね。僕はまだそういうものには出会っていなく、やはり孤独で居続ける事のネックな部分はありますよね・・・

ホールでのコミュ力アップ方法

ピン押しなのでデメリットには解決法ですよね(`・ω・´)

簡単です。店員さんから攻めましょう!

  • 店員さんにおはようございます
  • 店員さんにメダル流し時、あざっす!!
  • 無表情よりちょい笑顔
  • 慣れてきたら一言増やしてあざっす!!

何となく機嫌が良さそうな人の方が声を掛けられやすいですからね。非常に単純です

イライラ解消にもいいですよ。ぜひ実践してみてください

最後に

個人で何かをやるにもメリットデメリットはありますが、僕は個人の方が今のところ性に合っているって感じです。仮に仲間に何かを託すにしても、何を任せているのかが知らないと落ち着かない性分なので(笑)

序盤はつるむことを否定的でしたが結局はその人の好みなんですよね。一律してこれが正しいという答えはないと思っています。なので自分の好みを主張してみました

いかがでしたか?

なにか参考になったら幸いです

今回は以上です

にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました