【スロット】ずっと勝てない人は引退したほうが良い?結論はNOです

ぱちすろ関連

もう無理!!勝てなすぎ!!引退するもう無理!!

くりおね君
くりおね君

脱ギャンブルだね。悪い事ではないけど

今のままで辞めちゃうの?

6号機になり出玉制限。最近は射幸性に欠ける台になっていしまいイマイチ楽しさがなくなってしまいましたね。これを機にギャンブルから卒業しようと決意した人も多いでしょう。

僕の結論から言うとその答えはNOです

その理由を書きたいと思います。こんなことがわかります

  • スロットを続けたほうがいい理由
  • 本当の脱・ギャンブル方法
  • ギャンブルからわかる事(経験談)

ではいきます(`・ω・´)

スロットを続けたほうがいい理由

単純に辞めると決めても辞められるということが基本的に困難だからです。負け続けていても尚ホールに行ってしまう人は、ほぼギャンブル依存症・中毒です。

ギャンブル依存症のイラスト

仮にやめようと決め、行かないにしてもその我慢も時間の問題です。

そもそも他に熱中する趣味のようなものがあるのであれば

負けてもまたホールに行く、それでもホールで負け続けるって事はまずありえません。

そんな勝てない知識の人が知識浅く勝てない理由を述べて

「ギャンブルはやるものではない(`・ω・´)」と説得力なく言うのです

僕が言いたいことは

辞めるなではなく勝てるようになってから決めればいいということです

スロットで勝てる方法で習慣化する

負けている人でありがちなパターンはこれです

  • 大勝ばかり狙う
  • 情報不足(勉強不足)
  • 我慢できない
  • そもそも勝ち方をしらない

今回取り上げたいのは【我慢できないです】と言う点です

ながらスマホのイラスト(男性)

我慢できないということは中毒症状であり習慣です

ホールに習慣的に行ってしまっている人がその習慣を取り除くのは困難です。

1つの行動が習慣として根付くのは66日おおよそ2か月と言われています。

しかしその2か月さえ通過すれば誰もが勝ち方に対する行動習慣をクリアできるのです。

2か月いかなきゃそのまま脱ギャンブルできんじゃん(笑)バカなん??(笑)

確かにそうなんですが、ただ行かないだけ、その我慢の方がギャンブルでは難しいんです。

自分の現状を理解する

  • 新たな趣味がない
  • やりたいことが見つからない
  • ホールが常にちらつく

ようは暇なんです(´・ω・`)パチンコなんてやることがない人が時間つぶしで行くようなもんです。努力できない人が溜まる娯楽場なんですから

パチンコをしている人のイラスト

そう自分で理解出来たら先に進めます。【今のところパチスロが趣味】になるのであればどうせならスロットでもという延長の感覚でスロットの勝ち方を覚えようとなれるはずです

だって好きなんだから!!(`・ω・´)

習慣化するポイント

ホールにいかない習慣をすることより

ホールで打ってはいけない台を打たない事を習慣化することです

これが習慣化できるようになれば負けません。

負けなければギャンブル中毒だろうと関係ないですからね

そのためにはやはりスロットの勝ち方と言う知識が必要です

本当の脱・ギャンブル方法

勝てるようになるとこんな行動に変わります

  1. 勝ち方を知る
  2. 負けない方法を知った
  3. 勝てる台にしか座りたくない
  4. ホールには立ち寄るが意中の台がなければ帰宅
  5. ヒマを持て余し新たな趣味に手を出す
  6. ホール状況はちらつくが今日はどうせ勝てないからと行く気もなくなる
  7. 新たな趣味に没頭

勝てるようになると正直、ホールは完全に貯金箱のようになります(笑)

貯金に成功した人のイラスト(男性)

基本的にホールは営利目的ですので、毎日行っても大半の台は負け仕様の台です(´・ω・`)

ですが自分では勝てる台しか見えなくなります。それだけを狙えば勝てるんです

そういう風に考えられるようになったら、ギャンブル依存症を克服した状態だと僕は思います。

勝ち方を知ることで依存症から自然と抜け出せます

大半は頑張る前に逃げる

とは言えスロットも考えなきゃ負け続けます。店も商売ですので行けば行くだけ無慈悲にお金を吸われます。いくら神頼みしても運頼みしてもダメです。台は無情です

通帳を見て青ざめる人のイラスト(男性)

なので勝ち方を学ぶというのは非常に重要です。勝ち方と言うより自分のお金を守るという言い方の方があってますかね

スロットに関しては楽して稼げるイメージを持ちすぎてしまい学びをおろそかにしてしまうのが最大の罠だったりします。

何でもそうですが楽して稼げるものはありません。それはスロットも同様です

僕の経験談

僕も10年近くスロットやってますが正直いままででいくら負けたかわかりません(笑)

人生壊すなんて人も中にはいるでしょう

昔は僕もやってましたよ

  • 台パン
  • 店の文句
  • 家で発狂
  • イライラで眠れない&仕事でも不機嫌

クソですよね(笑)

せっかく汗水流して働いた大事なお金をものの数分でどぶに捨て

更に周りにも不快を与える行為・・・

でも一切懲りなかったです。理由は簡単です。働けば給料は毎月入るので負けても別に・・・と言う堕落感

一般的に勝ててない人は惰性心が強かったりその誘惑にまけてしまうんです

言い訳ほど何にも実らないものはありません

9年間何一つ成長していなかったということですね(笑)

勝てるようになったきっかけは真剣に勝ち方を覚えようと思った次の日からです

最初は惰性打ちや間違いなど目立ちましたが、さほど時間はかかりませんでした。

習慣的にこんな感じだなと思えた月日は2か月くらいだったなと思います。後から学んだ知識ですがおぉっ!!さすが頭のいい人の研究結果は違うって感じですよね(笑)

単純に負けたまんまで引き下がるとか自分のポリシーに反しただけなのかもしれません。

負け犬のまんまで勝てないと言い張るだけではただ惨めだけです

往生際の悪さ、執念や復讐の憎悪は人一倍なのですよ”(-“”-)”(笑)

恨みのイラスト(男性)

ぜってぇー取り返す!!!!!

そのくらいじゃないと勝負ごとで勝つのは不可能ですよね?

何となく~

今日も簡単に勝利(^^♪

なんていう人は実際存在します。しかしそれは【勝てるロジック】だけはしっかり守ってますからね

そんな人たちでも勝ち方は学び続けてます

まとめ

いかがでしたか?まとめると

  • 負けている状態での撤退は困難
  • 勝ち方を知ることで自然と卒業できる
  • スロットとはいえ学びは必要
  • 誰でも勝てるようになる

ありがちですが実際に僕が辿ってきた経験値をもとにした記事です。

結果的にこのルーチーンに持ち込むために必要なポイントは

本気になるきっかけ作りが重要なのかもしれませんね(^^♪

この記事がそのきっかけになると幸いです

勝ち方の記事については別で公開していますので是非参考にしてみてください

以上!

コメント

タイトルとURLをコピーしました