【経験談】人を否定したがる心理と理由、教えます。

経験談

何か挑戦しようとしている人や頑張っている人に対して「できるわけないよ」と諦めさせようとする人っていません?

僕がそうでした

僕は他人否定に関してはトップクラスです( ゚Д゚)

クソ野郎ですよね・・・あることをきっかけに否定には足を洗いました(笑)

とまぁ僕は色々な失敗談を持ったいわば失敗の強者です(笑)

僕は当事者なので、なぜそうするのか理由を説明します。

そして本当の対処法を教えます(`・ω・´)

否定・諦めさせようとする理由

否定する人は大抵、遠い目標を立てたことがない人です。

考えはいたってシンプルです。相手が成功するのをひがんでいます。成功まで遠い挑戦になればなるほどその努力を無駄なものと思っています。

とりあえず否定して自分が挑戦をしないでいることを正当化したいだけです。

そして自分のスキルの容量に置き換えて物事を話しているので、特別相手の事を考えて言ってくれてるわけではないです。

ましてや、自分の知らない領域への挑戦なので

とりあえず感覚で、できない理由を述べたがります。

そして成功すると手のひら返す

こんな人は成功すると人格変わったかのように「やっぱりなぁ。やると思ったよ!」なんて調子のいい事を言い出します。

どこか自分には先見の明があったかのような素振りで・・・

更にはなにか自分に恩恵がないかと急に近づいてくる可能性もあります。

その場合は速攻で逃げましょう(笑)

要は口だけ達者・ただの負け惜しみです

否定する人の対処法

自分にとってマイナスだと思った時点でさっさと縁を切ったほうがいいです。

・・・というのが基本的な答えです。

しかしそれでは他の記事と変わり映えしないので(笑)

たとえば腐れ縁だからとか、そうは言っても中々なぁ・・・という人に向けて

関わりながらの対処法でも

否定の話だけまともに関わらない

1から10まで嫌な人ってわけじゃないというのならば、否定話だけ上手くあしらいましょう。

「あーうん。まぁいいじゃん」とかで充分です。しつこく話してきたら

「自分のやりたいことだから・自分の人生なので自分で決めさせて」などハッキリと言っちゃいましょう

完全無視だとかえってヒートアップして否定したくなります(当事者なので(笑))

挑戦していない劣等感のようなものから更に気になるんですよね・・・

逆に巻き込んでみる

同じ挑戦じゃなくても、相手に何か目標を作らせてあげると相手も同じ土俵に立てますし、自身のモチベーションアップにも繋がったりします。

志の高い人が多い方がいいです

これは少し寄り道した話ですが

上手く巻き込めるように説得してみると

自分自身の行動力や発言力・人を動かす力をその時に学習できるかもしれません。

そして否定する側からしたら、その時、助言されてことも否定してやらないとしても

いつかふと思い出す時がきます。その時は恐らく、たらればでも言っていることでしょう

因みに僕は「なぜあの時動かなかったのだろう」と思うことがあります

恩でも売っておきましょう

否定人は楽ばかり選ぶから人の大変さを知らない(実体験)

僕はもともと否定をしていた側ですので頑張っている人を否定したい

ひがみの気持ちは少しわかります。

そんな中

僕にも遠い目標ができ、今も挑戦している最中ですが、毎日困難ばかりです。

心折れることも多々あり、「頑張ってるやつはもっとなんだよな・・・すごいな」と思うようになりました

今となっては頑張っている人を否定しようとはこれっぽっちも思いません。

その大変さや挑戦する勇気がどれだけパワーを使うことなのかを知ったので・・・

自身で同じ経験しないと、誰かを否定する行為というのは治らないでしょう

まとめ・最後に

いかがでしたか?まとめると

  • 否定して自分の考えを正当化したい
  • 実は自分と同等でいさせたい・成功をひがんでいる
  • 経験しないと大変さはわからない
  • 相手にしない(無視)より、話を聞かない方がダメージデカい
  • 自身の為にも同じ環境に引き込んでみる

否定する人は基本的にできない理由を語ります。

そんな話を相手にしていたら叶うものも叶わなくなります

できる事なら近寄らず、志の高い環境に進むといいでしょうね

僕もこれからさらに加速していけたらなと思います

以上です

コメント

タイトルとURLをコピーしました