【30代無職】就活失敗→パチスロで生き延びた/難解だが楽しい

雑記・ネタ

こんばんわくりおねです。

脱サラして、早1年半経ちます。

2020年の今年で36歳になります。やっべeeeeeeすよね(笑)

ある程度方向性は決まりましたが、1年半かかりました

その軌跡を書きたいと思います

【勢い脱サラ】のざっくりとしたいきさつを

いやね、脱サラ言うても。。。そもそも不当解雇ですからね。。。

過剰労働、過剰要求

結果的にパワハラからうつになり、休職をしたら「自主退職してくれない?」「今来られても作業場所ないから休みながら新しい仕事さがすってどお?」

ですからね。。。逆に踏ん切りつきましたけど、長年勤めてその発言されたら

上司とか、会社とか、経営者とか、そりゃ何にも信用しなくなりますよ(笑)

色々チャレンジはしたんです。しかし今の社会はどれもデジタルが基準で。。。そのたびにデジタルの壁にぶち当たるんですよね。そもそもwithうつ人生に不安全力ですよ。

ホント、準備なしに辞めるってある意味恐いですね。

前置きはこれくらいにして、進む方角が定まらずとりあえず目についたのが

パチスロでした。

何でそうなった(笑)って感じですよね(笑)

就職活動のギャップと現実を知り生まれた感情

最初は就職を考え、ハローワークに行き面接もいきましたよ。ですが周りの面接者はみな20代でした。。。さらには「グループ面接」と呼ばれるもので、当時の面接とはかけ離れているものでした。

30代のアナログ人は「あれ?来る場所間違えた?」と思いますよ。(笑)そこで何か違うと思いました。年齢とデジタルうといで落とされると勝手に思ってましたし。

なら普通の工場でいいじゃんと思いますが、その行為を何度も繰り返してきたんですよね。。。結果、不満→転職→不満の繰り返し、、、ほんと自分は何やってるんだろうと

もちろん面接には落ちました。

思いました

「面接官ってどこまで人材のプロなん?何で知らない人に査定されなきゃいけないんだ!!」

長年勤めた。上司経験もある。仕事覚えもいい、どこいっても評価はされていたので、そこら辺の妙なプライドがあったのかもしれません

よく面接対策といいますが、リサーチするのはいいですが、

面接だけの為にやる、ばかし合いのような茶番が嫌いでした

「なら個人でやれよ」が僕の答え

30代アナログ人は会社辞めるとホントに人生詰む?!(笑)

個人でやるにも僕には正直スキルはありません。バリバリ工場員なので工場スキルは1流ですが(笑)コイツったら工場は同じことを繰り返すからヤダって他業種を見てるんですから。

30代の昭和世代の考えって、どこかに勤めあげる【終身雇用】か、誰かの下で石の上にも3年~10年でスキルを身に着け【独立】が主流なんです

とにかく雇われから始まるんですよね。その雇われの入り口を年齢だけで落とされちゃうのでそれはそれで大変ですよ。入れてくれるところはブラックの可能性が高いとか言われるし(笑)脅すなよって感じです

なので「隣の芝は青い」とか「みんな何か我慢してる」とか言って動かない人の保身の話を鵜呑みにして生涯を終えちゃうんですよね。いじめられないように大人しくしてるわりには、精神潰れないように飲み屋で仲間と愚痴る。それが飲みにケーションとかいうんです(笑)

次第に愚痴や叩くことに楽しみを覚え、仕事の本質を忘れちゃうんですよね。

僕、もうサラリーマン辞めちゃってるから言いますけど。僕はその人生の方が詰んでます。もちろんその中で楽しめてるならそれはそれでいいと思いますが。

要は自分の幸せ基準で答えは違う。

僕は単純に人と同じが嫌なだけ(笑)

少しキツめでしたが、とらえ方次第で、独立するも30代から新たな挑戦とも思えるし、転職も環境変化でワクワクになりますし、見出しでは煽りましたが30代だろうが40代だろうが全然問題ないです

問題なのは年齢で決めつけることです。本人の想い次第でどうにでもまります

僕が言うので間違いないです(笑)だって仕事辞めちゃってるんだもん。めっちゃ苦手なPC一生懸命いじってブログ書いちゃってるもん

脱サラならやはりデジタル参入は今後重要。スロで稼いでコツコツ育てる

最近はyoutube・ブロガー・トレーダーなんて言うのが職業として認められてきたじゃないですか。なんでかわかります?

垣根がないんですよね。アナログでいうと誰でも簡単に参入出来るのが魅力です。もちろん誰でも参入できるのでその分障壁は高いです。

プロサッカー選手相手にルールも知らずいきなり挑戦する感じです(笑)しかもデジタル。youtubeは企業や芸人が続々参入していますよね。激戦区ですよ・・・

正直無理ゲーです。

いきなり勝つことは

何でもそうですよね。はじめっから成功はないです。やっぱりコツコツ育てないと

生活かかってるとガヤは気にならない

ここでパチスロの話です。今は方向性が定着しつつあるので育てながら進んでいますが、仕事辞めたばかりは必死でした。就職なしで何で稼ぐん?!って感じですもん。

実際は貯金があったので困ることはなかったですが、やはり一定の収入がないと減っていく貯金を見続けるのは不安なものです。

先ほど言った職業達には即金性がない。育てる時間も欲しい。しかしバイトで時間を売り、更にはバイト先で余計な神経すり減らしたくなかった

そこにたまたまあったのがスロット好きな自分

これで何とかしてやる(`・ω・´)崖っぷち

毎日いたのでネットで悪口を書かれまくってました。最初はガッカリしたけど、次第にうっせー、無視(`・ω・´)ぷいっ

ホントに構ってられなかったです。ハートも強くなったし、ある意味注目されてんだなとも思いました

簡単にスロット生活紹介(余談)

誰のツテもなく完全にピンで参入しました

ホールに毎日通いました。

6時半起床・25時就寝

朝から晩までホールに居座りました。

パチスロ情報を日々集めました。

情報収集のため、わざわざTwitterを始めました。

遠征に行きました。縄張りになるホールを広げました

軍団対策を独自で編み出しました

課金サイトで毎日データチェックと解析チェック

今後の為にもPC購入

収支表・期待値・データ取りをしたくてExcelを勉強しました

ライバルに何度も絡まれました。一切無視しました(`・ω・´)うっせー

店員には恵まれすっかり仲良しです。(笑)

気付いたら1年たってました(笑)

平凡じゃない人生は今を生きれる

まとめに入ります。今のこのご時世、パチスロだけでは先々が不安だとは思います。

あ、不安をあおる意味ではなく、時代がデジタル化を進めていく中でパチスロはやはりアナログな位置だと思っています。パチンコ業界がどのように変化していくのかは興味もあり楽しみです。

しかし今の時代の変化は凄まじい速さです。一つの収入源で生計を立て続けるのは少し危険だと思っています

ブログなどが軌道に乗るまではやはりお世話になるとは思いますが、もともとパチスロ生活者として生きていきたかったわけではないので、、、まぁそれも楽しいですけどね

そんなこんなを毎日考え行動しているとホント「明日はどうなるかわからん(笑)」って気持ちで今を生きてる感じです。不安とワクワクが行ったり来たりです。

流されない自身の生き様

僕自身は会社を辞め、脱サラを決めた時点で、社会的○○とか、世間体とかどーでも良くなってます(笑)

サラリーマン時代も忖度せず、思うままに突っ走り生き様を作ってきた自負があったりします。会社としては都合の悪い人材かもしれません。しかしそれについてきた人、認めてくれた人もいました。

今でも「できることなら一緒に仕事がしたい」といってくれる人もいて、うれしい限りです。

スロットですら周りの専業さんから声かけられるまでになりました。店員さんもあの人すごいと噂になっていたみたいで

何かやると決め出したら突っ走ります。その時の敵はなぜか自分なんですよね。

他人は一旦どーでもいい。うっせー黙ってろ(`・ω・´)なんです

最後に

ほとんど言っちゃいましたが、30代だから遅いとか、確実にとか、安定とか、どんなことも気にしてたらいつまでも行動できず、そしてその準備はいつまでも終わりません。周りの大衆意見なんかどーでもいいんス。

この手の話はいくらでも言えちゃいます(笑)

なのでもし漠然としたまま辞めてしまった場合はやれそうなことからやるのがいいでしょう。そして何か始めてみることです

そんなこんなをやっていたら毎日が楽しくなりました。もちろん難解ですが、難しいものほど出来たときの達成感ったらないですよ(^^♪

僕自身もまだまだ道半ばですがクリアする為に今日もやれることを精一杯頑張ってます。ブログもまだまだですが何か参考になったらうれしいです。

以上です

コメント

タイトルとURLをコピーしました