【毎週チェック】新規失業保険申請件数の過去ログ。1日の値動きと流れ/注目度Aランク

この記事は、最新の経済指標とその日の相場の変動を一目で把握できる記事です。経済指標の発表が市場にどんな影響を与えたのか、1日の値動きを追跡しました

主に1分足チャートの追跡なので、スキャルピングにご活用ください

表示インジケーター

  • MAribbon 20 50
  • MA 1 200

時間軸 1分 15分足 

ボーダー色  赤=上昇した 緑色=もみ合い 青=下落した 白=無風(個人判定)
*初動で大きく動いた方をピックアップ

ボーダータイトル 指標時の変動pip数 例 ↓10 約10pip下落 (個人判定)

指標結果(背景色) 赤=良い(上昇傾向)  緑=悪い(下落傾向)

参考資料 Investing.com

多少の誤差はありますので参考程度に活用してください(汗)

結果

ドル円 全体チャート 

15分足

1分足

1日の流れ

日銀ファンダをきっかけに上昇に転じる。しかし、直近高値は超えられず再下落。指標後は上のストップを巻き込む勢いで上昇。大き目のレンジを経由し再下落した

結果

15分足

PPIとの同時発表。
PPIの値動き詳細はこちら

結果

同時指標 

  • フィラデルフィア連銀景況指数
  • 住宅着工件数 ・ 建設許可数
  • 経常収支

結果 すべて悪い(省略)

ドル円チャート

15分足

1分足

1日の流れ

1日ジリ高となった。大きい下げも約20pipほどで、全て押し目となっていた。指標結果は全面的に悪かったが上昇。高値での抵抗となっていたデイリーPIVOT(R2・158.450)も貫き、158.930まで進行することとなった。

その他・気になる出来事

  • スイス政策金利直前に神田財務官の口先介入
  • 前日で介入(2発目)起点を日足実体で侵入。

結果

同時指標

  • 第1四半期GDP【確報値】 ↓
  • 個人消費【確報値】 ↓
  • GDPデフレーター【確報値】 ↑
  • コアPCEデフレーター【確報値】↑
  • 耐久財受注 ─
  • 卸売在庫  ↑

ドル円全体チャート

15分足

東京時間

1分足

欧州時間

1分足

指標後

1分足

1日の流れ

前日160.830とつけたせいか、本日は調整基調。ロスカットは160.550 250 160.000に分厚く存在。どこまで喰われるかというような雰囲気だったが、指標で280まで下げるものの本日の限界点。その後は再上昇。

その他・気になる出来事

  • 160.640は前日のHBOP
  • 口先介入あり。(神田財務官の進退に注目されていた)
  • 翌日(6/28)は月末フローと大統領戦への討論会

結果

ドル円チャート

15分足

1分足

1日の流れ

ADPと当日メインとなるISMに挟まれる時間での発表。その後にも指標が控えているせいか、方向感を見せる程度の値動きで動く。

ADP・ISMの結果はこちら

結果

ドル円チャート

15分足

指標

1分足

1日の流れ

ジリ高と下落にで均衡状態だった東京・欧州時間。今回はメイン指標CPIとの同時指標。新規失業保険申請件数の結果は良かったが、CPIの結果に大きく影響を受けた。

CPIの結果・詳細はこちら

結果

*同時指標

フィラデルフィア連銀製造業景気指数 

ドル円チャート

15分足 全体

東京
1分足

欧州
1分足

指標
1分足

1日の流れ

前日の下落の流れを仲値前まで引き継ぐ値動き。仲値後は底値を試すも固い。その後は上昇に転じるが上値も重く、156.500~600が強い抵抗帯。
指標結果は悪く、一時的に下がるものの全戻し。
その後の23:00の指標直前で156.600をブレイクとなった。

もめんたむ
もめんたむ

上値の重さは感じたが・・・深夜に上昇した模様・・・(うーん)

その他気になる出来事

  • 前日(7/17(水))のトランプ発言?で2.5円と大きな下落
  • バイデンコロナ陽性
  • 林官房長官「(為替市場)しっかり注視する」
  • 7月の調整サイクル
もめんたむ
もめんたむ

随時更新・・・予定

*2024/6/20更新 *2024/6/28更新
*2024/7/3更新 *2024/7/11更新 *2024/7/19更新

注意事項
投資に関する情報は、読者が自己判断を行うための補助的な情報であり、投資の助言ではありません。

市場の変動やリスクを考慮して、自身の投資目標やリスク許容度に基づいた判断を行うようにしてください。本ブログに掲載された情報は、執筆者の個人的な見解に基づくものであり、必ずしも正確または完全なものではない可能性があります。

最終的な投資判断は、読者自身の責任で行う必要があります

コメント

タイトルとURLをコピーしました